企業別パートナー制度|SEA人材育成Alliance

SEA|専門学校教育イノベーション
TOP > 企業別パートナー制度 > 認定要件
SEA|人材育成 Allianceとは 認定要件 認定特典 認定申請

SEA|人材育成 Alliance 認定要件

基本パートナー制度である「SEA|専門学校教育イノベーション」に加盟したうえで、ご希望の企業の認定要件を満たして申請ください。現在は「アドビ システムズ 株式会社」と「日本マイクロソフト株式会社」の認定制度を用意しております。 認定後、それぞれの認定校として様々なサービスを受けることができます。


アドビ システムズ 株式会社 認定要件 <2012年2月 改訂版>

※ 第2回の募集は締め切られました。再開は未定です。

以下①②③④⑤⑥のすべてを満たす必要があります。
アドビ システムズでは専門学校に対するサポートを積極的に行ってまいります。その中心となるのが、「SEA|人材育成Alliance」です。 「SEA|人材育成Alliance」の認定校様には、様々なサービスや意見交換の場の提供を予定しております。また、認定校様を学生や企業の方々に認知していただくための取組も行ってまいります。 将来クリエイターやエンジニアになる学生は、さまざまなメディアやデジタル端末の特性を理解し、特性を生かした表現やユーザエクスペリエンスを可能にするスキルが 今後ますます求められます。 アドビ システムズは、専門学校における先進教育の軸として、一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団が推進する「情報デザイン」教育を提案します。 「情報デザイン」の目的は「情報を効果的に伝えること」です。 情報デザイン教育は、先進的なスキルを育成するための基盤的「知識」と「考え方」を学生に与えます。 専門学校にとって大変幸運なことは、一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団が「J 検 情報デザイン試験」を2007年よりすでに開始していることです。 そして、就職先となるクリエイティブ業界やIT企業から、その先進的な取り組みについて大変評価されています。検定があるのですから、あとは、実践するのみです。 私どもは、情報デザイン教育の実践を後押しするプログラムを用意することで、専門学校の先進教育を支援していきます。このような考え方から、 先進教育を実践していることの証明として以下を要件とさせていただきます。 なお、認定は学校の学科やコース単位で行っております。

以下の要件は、事前の予告なく変更される場合があります。

① 最新バージョンのAdobe Creative Suite(Master Collection、Design & Web Premium、Production Premium、Design Standard)を申請の学科もしくはコースのコンピューター全台に導入していること

学校の設備にて導入ください。
授業を学生個人のPCで行われている場合は、申請の学科もしくはコースのすべての学生が上記製品を購入していることで本条件を満たすことができます。その場合、製品のバージョンは購入時点において最新であれば、申請時に最新バージョンである必要はございません。

② 上記の学科でのAdobe Creative Suite導入数が20ライセンス以上で、CLP for Educationにて購入されていること

▶ CLPについての詳細はこちら

③ 指定校学生・教職員個人向けライセンスプログラム(SLP)へ加入していること

SLPはStudent and Teacher Edition 【学生・教職員個人版】よりも、お得な価格で対象製品が購入できる制度です。SLP加入が要件で、購入義務はございません。

▶ SLPについての詳細はこちら

④ 申請の学科もしくはコースに情報デザイン検定の初級および上級の両方を合格している、教員(常勤)が1名以上在籍していること

⑤ 上記教員がAdobe Education Vanguards(EV)のメンバーであること

Adobe Education Vanguards(高等教育機関教員向けコミュニティ)

⑥ アドビ主催の経営者向け研修プログラムおよび教員向けプログラムに参加すること

各1年1回程度の開催で参加費無料です。交通費や滞在費は自己負担となります。 オンラインにて参加いただけるようなWebセミナーも検討中です。


▶▶▶ アドビ システムズの認定に関してよくある質問はこちら


日本マイクロソフト株式会社 認定要件

以下①②③④のいずれかを満たす必要があります。

① スクールアグリーメント

お客様の組織全体または特定の施設でご契約台数に応じたソフトウェア利用料をお支払い頂く契約形態。契約期間中は常に最新版利用可能。対象製品は、OfficeやWindows等の最新版がご利用頂ける統合製品Desktop Schoolとなります。

▶ 詳細はこちら

② 包括契約

全教職員、全学生でのユーザー数でのご契約で、ご契約人数に応じたソフトウェア利用料をお支払頂きます。学生オプション付。契約期間中は常に最新版利用可能。
人数契約のため、学内でのライセンス管理が容易。対象製品は、OfficeやWindows等の最新版がご利用頂ける統合製品Desktop Educationとなります。

▶ 詳細はこちら

③ 教育機関向け総合契約EES/OVS-ES(順次提供予定)

お客様の組織全体人数でのご契約で、ご契約人数に応じたソフトウェア利用料をお支払頂きます。契約期間中は常に最新版利用可能。人数契約のため、学内でのライセンス管理が容易。
対象製品は、OfficeやWindows等の最新版がご利用頂ける統合製品Desktop Platformとなります。

④ 学生オプション

学生の自宅/個人のコンピューター1台および教育機関所有のコンピューター上でソフトウェアを使用するライセンスを学生に供与するもの。学生使用ソフトウェアの標準化、高度な学習ツールの提供を実現。全学生の人数分でのご契約となります。

※ 掲載内容は2011年9月時点です。最新の内容、認定要件等についてはウェブサイトをご確認頂くか、こちらへお問合せ下さい。